/アントニオ・コンテがレスター戦の勝利で選手に約束したこと

アントニオ・コンテがレスター戦の勝利で選手に約束したこと

水曜日の夜、トッテナムはレスター・シティに劇的な勝利を収めたが、アントニオ・コンテは事前に選手たちにある約束をしていた。

アントニオ・コンテとトッテナム・ホットスパーにとって、この1週間はどんな違いをもたらすのだろう。

アーセナルが日曜日のノースロンドン・ダービーを延期したことで、コンテとコーチ陣は、ホットスパー・ウェイのピッチで選手たちと1週間フルにトレーニングに励むことになったという不慮の副作用があった。

その結果、イタリア人指揮官が望んでいるパフォーマンスに大きく迫ることになり、それは明確に、トレーニング・グランドでの鍛錬によって叩き込まれたプレーだった。

試合前、ハリー・ウィンクス、ピエール・エミール・ホイヴィア、オリヴァー・スキップの中盤の3人が先発メンバーに名を連ねると、ヌーノ・エスピリト・サント体制下のクリスタルパレス戦で、スパーズがチャンスをほとんど作れず、3-0で惨敗したあの惨状を思い起こさせた。

しかし今回は、コンテのシステムの中で、そして弱体化したレスターを相手に、この布陣が功を奏した。水曜日の夜、スパーズは27本のシュートを放ち、そのうちの10本が枠内シュートとなった。

そしてあの劇的なフィナーレが訪れたわけだが、実はトッテナムはもっと早くチャンスを決めていれば、このような展開にはならなかったはずである。

しかし、この試合の終わり方には、あのアムステルダムでのアヤックス戦のようなドラマチックさがあったが、最後の数秒間はとんでもない落ち着きを見せていた。

この冬の移籍マーケットで退団が噂される2人の選手をコンテはピッチに切り札として送り出し、そして結果を残した。

マット・ドハティは、ハーフタイムにエメルソン・ロイヤルに代わって出場。この30歳の選手は右ウイングバックの役割をより活き活きとこなしているように見えた。

このアイルランド代表ディフェンダーは、最近の試合では左でプレーすることが多く、これまでスパーズでのキャリアの大半を右『サイドバック』として過ごしたが、ウルブスではウイングバックを務めていた。