/ため息をつき、肩をすくめ、疲れきったアントニオ・コンテにクラブは笑顔を取り戻させよ

ため息をつき、肩をすくめ、疲れきったアントニオ・コンテにクラブは笑顔を取り戻させよ

イタリア人が移籍マーケットの残り18日間に新戦力を求めている3つのポジションは、右のウイングバック、セントラル・ミッドフィルダー、そして水曜のチェルシー戦でスパーズの攻撃の唯一の光となり、チームメイトより一段上のレベルにあったハリー・ケインの負担をようやく軽減するストライカーだ。

この先、パラティティの動向はもちろん、レヴィの動向にも注目が集まる。イタリア人ディレクターはユベントスでの10年以上のキャリアから大きな評判を得ているが、これまでのところスパーズでの彼の補強は、クリスティアン・ロメロを除けば、すでにスパーズ・ファンに疑問視されている。

パラティチは、この夏の補強はエスピリト・サントの要求に合わせるためのものだったと言うだろう。

このイタリア人は、トリノで3年間一緒に仕事をしたコンテのことをよく知っている。2人のワーカホリックは、親友とまではいかないが、ユベントスで共に過ごした期間に築いた強い仕事上の関係がある。

コンテのもとで活躍できる、その高い要求に応えられる選手をパラティチは熟知しているし、ヘッドコーチはプレミアリーグにすぐに適応できる選手を知っているだろう。理論的には、この2人が力を合わせれば、コンテが求めたチーム再建を成し遂げることができるはずだ。

もし、このままではコンテの試合における幸福度がどんどん下がり続けるとすれば、この補強によるテコ入れで立て直すしかない。これでコンテがクラブを去ることになれば、誰がトッテナム・ホットスパーの問題を解決できるのか?

スパーズでの過去20年間、世界最高の若手指導者も、経験豊富な指導者も、皆が最終的に失敗の烙印を押されることになってしまった。もうすでに、監督のクビを切り、新たな監督を招聘するだけでは、言い逃れができない状況になっている。

コンテの在任期間においてそのような話題になるのはまだ早く、これからクラブはイタリア人の手腕によってピークを迎えるだろう。今は彼に再び笑顔を取り戻させるだけだ。