/ため息をつき、肩をすくめ、疲れきったアントニオ・コンテにクラブは笑顔を取り戻させよ

ため息をつき、肩をすくめ、疲れきったアントニオ・コンテにクラブは笑顔を取り戻させよ

ゴッリーニは、リュディガーをボックス内で完全に見失ったジャフェト・タンガンガのマークの甘さもあって、トッテナムの守護神になるにはまだ早いということを証明してしまった。

アタランタからスパーズにローン移籍中のゴールキーパーはいくつかの好セーブを見せ、コンテも「いいゲームだった」と語ったが、ワールドカップを制したロリスのレベルにはまだ達していない。

コンテとトッテナムにとってありがたいことに、ついに始まった契約延長交渉が始まり、まもなくロリスの新契約は締結するものとFootball Londonは理解している。これはロリス本人が熱心にスパーズでキャリアを続けることを望み、新契約における条件面の要求を控えめにしたことによって、すんなりと決まると思われる。

しかし、今シーズン、彼が再びカラバオ・カップの決勝の舞台に立つことはなくなった。水曜日の夜、コンテのチーム選考は、アムステルダムでの奇跡のようなことが起こらない限り、結果を受け入れているかのようなものだった。

プレーを望んでいたもののベンチに座ることを強いられたのはキャプテンだけでなく、復帰が迫る選手たちにも強行出場させるリスクを冒すことはせず、相変わらずパッとしない左サイドでのマット・ドハティの起用がまたしても繰り返された。

セルヒオ・レギロンの離脱が続くため、おそらく日曜日のノースロンドン・ダービーでライアン・セセニョンを起用したほうが勝機があると判断し、この試合では温存されたのだろう。

記者会見でコンテは、古巣チェルシーとの対戦についてこう語った。

「トップチームと対戦する場合、敗れるリスクは非常に高い。それはそれとしてね。こういうチームとの対戦でリスクを負わないと考えているなら、それはあなたが夢想家だということさ。夢想家だけだよ」

「そうでなく現実を見れば、このタイプの試合内容から、大きな違いがあることが理解できるはずだ。もし10回戦ったとして、何度も負けるリスクがあるんだよ」

コンテは、自分のシステムを機能させるために選手を必要としている。マルチなスキルを持ち、高いエネルギー・レベルで守備と攻撃ができるウイングバックと、同様の要求に応えられるセントラル・ミッドフィルダーだ。