/ため息をつき、肩をすくめ、疲れきったアントニオ・コンテにクラブは笑顔を取り戻させよ

ため息をつき、肩をすくめ、疲れきったアントニオ・コンテにクラブは笑顔を取り戻させよ

コンテは、スパーズの監督に就任して以来、ダニエル・レヴィ会長との話し合いを繰り返す中で、クラブと彼のチーム評価において非常に率直であったことが理解されており、スパーズのレベルについて公の場でも、プライベートの場でもたくさんの真実が伝えられている.

今、トッテナムの選手の何人かは、この1月の移籍マーケットの残りの期間でチーム戦力を改善するための補強によってクラブの後押しがなされていない場合、コンテは来月にでもクラブを去るのではないかという恐れを抱いていると、Football Londonは理解している。

しかし、月曜にコンテとレヴィやパラティチを含むスパーズの上層部の面々との間で正直で肯定的なミーティングが持たれたことで、クラブ内のそのような急な退任が起こる恐怖はほとんどない。

本格的な戦力補強は次の夏に断行されると予想され、コンテはクラブが彼の野望を満たすために正しい方向に進んでいるかをそこで感じとるだろう。

しかし、今月中に戦力の変更を加え、コンテを助けるプロセスを開始する必要がある。なぜなら、負傷による欠場者によって、チーム戦力がいかに脆弱であるか露呈してしまっているからだ。

キャプテンのウーゴ・ロリスを外し、ピエルルイジ・ゴッリーニと交代させたこの大一番に対するファンの不満について質問された際、コンテは心配すべきより大きな問題があることを明らかにした。

「これよりももっと重要な状況を考えるようにしなければならないと思うよ。私を信じてくれ」

2つの好セーブを見せたものの、その間にアントニオ・リュディガーの先制ゴールを許してしまったゴッリーニは、パラティチが高い評価をしていた選手であり「いずれはクラブの守護神になる」と信じて昨夏に入団してきた。

6ヵ月後、試合中のいつものベンチの脇の席に座り、怒ったように何かを口にしているパラティチの姿が見られた。

ハーフタイムには、コンテの弟で長年テクニカルコーチを務めてきたジャンルカが、トッテナム・ホットスパー・スタジアムの通路を歩き、一瞬立ち止まって他のアナリストとチェルシーのゴールの場面を熱く解説している姿が見られた。