/ため息をつき、肩をすくめ、疲れきったアントニオ・コンテにクラブは笑顔を取り戻させよ

ため息をつき、肩をすくめ、疲れきったアントニオ・コンテにクラブは笑顔を取り戻させよ

トッテナム・ホットスパーのヘッドコーチは、チェルシー戦でまたもや敗れた後、当然ながら最高の気分ではなかったようだ。

アントニオ・コンテが、ファーストレグに比べればトッテナムは良いパフォーマンスだったと言ったのは正しいが、その期待レベルはかなり低く設定されていた。

チェルシーはこのセカンドレグでほとんどギアを入れず、それでも1-0で勝利し、トータルスコアは3-0となった。

ピッチ上の審判は、2つのPKと1つのゴールをトッテナムに与え、これらはすべてがVARによって正しく取り消された。

ベンチ前のテクニカル・エリアで、勝利に慣れているコンテは、ますます不満を募らせ、無口になっている。

スパーズの監督に就任した最初の1ヶ月は、ティガー(『くまのプーさん』のキャラクター)のようにピッチ際で跳ね続け、選手やファンを鼓舞し続けた激情家のイタリア人だったが、今はその片鱗を見せるにとどまり、トッテナム・ホットスパーの真実を十分に経験した者の面構えに変わっている。

水曜日の夜の試合後のインタビューや記者会見でも同様で、コンテは時ににやけ、ため息をつき、肩をすくめ、疲れたように顔を手でこすり、質問に対して長い間(ま)をおいてから答え、珍妙な表情を浮かべ、いくつかの質問には短い応答をし、インタビューを迅速に切り上げた。

要するに、見ていて心配になるほどの燃え尽きた男に見えたのだ。スパーズだけが、世界最高の監督の一人をたった14試合でそうさせることができるのだろう。ヌーノ・エスピリト・サントは17試合で退任したが、彼はそのずっと前から燃え尽きたように見えていた。

コンテがトッテナムで見つけたものは、インテルやチェルシー、ユベントスで得たものとは違うのだろう。

彼のトレーニング・セッションは、クラブ内の選手やスタッフから信じられないと言われるほどの称賛を受けているが、彼の手腕でどうにかなるものは限られている。