/アントニオ・コンテ:チェルシー戦の後の記者会見

アントニオ・コンテ:チェルシー戦の後の記者会見

今日のパフォーマンスはいかがでしたか?

ファーストレグでのパフォーマンスよりも、ずっと良かったと思うよ。

前半は少し苦戦したが、特にボールが無いところでのプレッシャーのかけ方はうまくいった。

後半はパフォーマンスも良くなり、プレーの強度も高く、正直、今日はもっと良い結果に値すると思うが、この2試合を経て、チェルシーがこの大会の決勝に進出するのは当然だと思うね。

今日の3つのVAR判定について、あなたはケインの「ゴール」に対する最後の判定に憤慨しているように見えましたが?

不躾かもしれないが、私がレフェリーの判定やVARの判定についてコメントするのが好きではないことは、皆さんもよくご存じだろう。過去にもそうしてきたし、現在も、そしてこれからもそうしていくつもりだよ。

ファーストレグでプレーしたウーゴ・ロリスではなく、ピエルルイジ・ゴッリーニを選んだ理由は?

私がトッテナムに来る前、ピエルルイジはずっとカラバオやカンファレンスリーグでプレーしてきた。トッテナムのようなチームでは、キーパーにチャンスを与えることも重要だと思うし、ピエルルイジは信頼できるキーパーであることを証明してくれたからね。

これからまた7日間でアーセナル、レスター、チェルシーと3試合を戦わなければならない。彼はこの重要な試合に出るチャンスに値すると思うよ。

今夜のチェルシーの2億ポンド相当のベンチの戦力を見て、どう思われますか?

また別の質問になるが、今この瞬間、チェルシーの状況とトッテナムの状況、2つの状況を比較することはできないと思うんだよ。この2つの状況を比較するのはフェアではないと思うし、そもそも比較することは不可能だからね。