/アントニオ・コンテがダニエル・レヴィとファビオ・パラティチに伝えたメッセージ

アントニオ・コンテがダニエル・レヴィとファビオ・パラティチに伝えたメッセージ

アントニオ・コンテは、トッテナムがヨーロッパ・カンファレンスリーグのNSムラ戦で2-1の惨敗を喫した後、ダニエル・レヴィ会長に明確なメッセージを送った。

フルタイムのホイッスルが吹かれたときのアントニオ・コンテの顔がすべてを物語っていた。

72分にハリー・ケインがマトコ・オブラドヴィッチをかわして同点に追いついたものの、ライアン・セセニョンの退場によって1時間近くを10人で戦わなければならなかったスパーズは、試合終了間際に失点し、NSムラに2-1で敗れてしまった。

この試合では、トミ・ホルヴァトがダビンソン・サンチェスの守備での転倒もあって先制し、ベン・デイヴィスがハーフウェイ・ライン辺りで倒れた後にアマデイ・マロシャが抜け出し、サンチェスがこれに対応したがカットインされて突破され、ネットを揺らして勝ち越しゴールを決めた。

グループG突破が確実視されていたスパーズは、フィテッセに勝ち点で並ばれて最終戦を迎えることになり、敗退の危機にさらされている。

試合前の記者会見では、コンテのもとでのプレー時間が短い選手に実力を発揮させるためにチーム編成を入れ替えることを示唆していたが、その判断は結果的に裏目に出てしまった。

サンチェス、デレ・アリ、マット・ドハティなど、チャンスを与えられても好パフォーマンスを発揮できない選手が続出したのは、今に始まったことではない。

コンテは、後半開始から9分後にデイヴィス、エリック・ダイアー、ルーカス・モウラ、ソン・フンミンの4人を投入し、その18分後に同点ゴールを決める成果を上げた。

ジョゼ・モウリーニョとヌーノ・エスピリト・サントは、頼れる一部の選手を明確に把握していたが、コンテも同じように感じているのだろう。

Dele Alli didn't have a good game for Tottenham away at NS Mura