/アントニオ・コンテ:アーセナル戦を控えての記者会見

アントニオ・コンテ:アーセナル戦を控えての記者会見

リバプールやマンチェスター・シティとのビッグマッチでの活躍で、ライアン・セセニョンは自分を信じることができるようになったのでしょうか?

ライアンは素晴らしいポテンシャルを持った選手だ。体力的にも本当に強く、1対1で倒すのはとても難しいね。守備面でも重要なレベルに達しており、試合中は細心の注意を払っていた。私にとってウイングバックはとても重要な存在だ。リバプール戦では、ラストパスがあと一歩という場面もあったが、この点については改善できると思っている。

ライアンは若い選手で、いいパフォーマンスをしているよ。このようなパフォーマンスは、彼に自信を与えてくれる。我々は、改善の余地が大きい若い選手について話している。過去にはケガで成長が止まってしまったこともあったが、今は調子がよくて、本当にいいプレーをしている。彼は本当に良い奴で、一生懸命に働いてくれるので、私は嬉しく思っているよ。

1月以降、チームはどのように変化しましたか?

戦術的な面でも、フィジカルな面でも、より組織化されたチームになっている。当時は、私が11月に着任して1ヶ月という短期間で、選手たちに多くの情報を与えようとしていた。だが、自分たちのフットボールを理解し、何を求めているのか、メンタリティーやフィジカル面を改善するためには、選手たちと一緒にプロセスを踏む必要があったんだ。過去よりも強いチームになるために、改善する時間があったからね。

このチームをどうしたいですか?そのためにはあとどれくらいかかりますか?

それは目標次第だ。選手には感謝の言葉しかないよ。この7ヶ月間、彼らは私に素晴らしいコミットメントと行動を示し、私が与えたすべてのことに120%関与してくれた。彼らに感謝しなければならない。今、我々がこの位置にいて、チャンピオンズリーグ出場権を争う可能性があるということは、選手たちが大きく成長し、重要な一歩を踏み出したということだ。確かに改善の余地はあるが、どのような目標に向かってプレーしなければならないかを知らなければならない。