/クラブ声明:チェルシー戦での人種差別事件のロンドン警視庁の捜査終了

クラブ声明:チェルシー戦での人種差別事件のロンドン警視庁の捜査終了

クラブとロンドン警視庁は、12月22日のチェルシーとのホームゲームにて発生した事件の報告を受けて、その調査のすべての手段を講じ尽くしました。

読唇術のプロと協力し、CCTV画像と映像の広範なレビューを実施しました。すべての資料と報告書は、警察によって独自の調査が実施され、確認されています。

警察はそれらの確認と調査を完了し、本日、人種差別があったとの主張を示す証拠を見つけることができないため、捜査を終えたことを発表しました。

クラブはアントニオ・リュディガーの行動を全面的に支持していますが、この主張を裏付ける証拠や否定する証拠はなく、私たち自身も警察もさらなる行動を起こす立場にはありません。

私たちは、反人種差別の活動とあらゆる形態の差別に対して容赦なく厳罰で対処することを強く誇りに思っています。それが今回の事件の調査に多くの時間と労力を費やした理由の一つです。私たちが今回の罪を犯した者を特定した場合、私たちのスタジアムへの入場を永久に禁止する処分を科すつもりでした。

今後、新しい情報が明らかになった場合、その情報について完全な調査が実施されます。

スパーズ公式グッズの送料無料キャンペーンのご紹介
送料無料の条件:120ポンド(約14000円)以上の購入


おすすめグッズ
✅ユースXLの2019-20シーズン ホーム・ユニフォーム ¥7,700
8000円以下と割安なユース用ユニフォーム(レプリカ)だが、日本人の170cm台の中肉であればちょうどいいサイズでお得。

(下の画像をクリック)