/クリスチャン・エリクセン:僕らにとってはオール・オア・ナッシングだった(動画付)

クリスチャン・エリクセン:僕らにとってはオール・オア・ナッシングだった(動画付)

 

1−0で勝利したことによって、スパーズはグループBでインテルを抜いて2位に浮上した。これであとは最終戦の結果にかかってくるが、12月11日、スパーズは敵地でバルセロナ戦、インテルはホームにPSVアイントホーフェンを迎え撃つ。決勝トーナメントに進むためには、同時キックオフのインテルの試合の結果以上をスパーズが出す必要がある。

「僕らにとってはオール・オア・ナッシングだったね。勝たなければ終わってしまう試合で、僕らは勝つことができたんだ。これからカンプノウでプレーする試合次第になったね」

「僕らはチャンピオンズリーグを勝ち上がっていきたい。この大会のノックアウト・ステージこそ、僕らが戦い続けるべき舞台だから、あと一つ、カンプノウで3ポイントを獲得したいね。タフな目標だけど、楽しい試合になるはずさ」