/ピエロ・アウジーリョ:エリクセンに正式オファーを出した [Sky Italia]

ピエロ・アウジーリョ:エリクセンに正式オファーを出した [Sky Italia]

Sky Italiaによると、インテル・ミラノはトッテナムのクリスチャン・エリクセンの獲得に向けて、1100万ポンドに加えて2種のボーナスを支払う用意があるようだ。

インテルはすでにエリクセンの獲得に移籍金850万ポンドのオファーを提示しているが、スパーズはデンマーク代表ミッドフィルダーに1700万ポンド(約2000万ユーロ)を要求している。

インテルのスポーツディレクターを努めるピエロ・アウジーリョは、月曜日の夜にSky Italiaに次のように語った。

「クリスチャン・エリクセンは重要な選手だ。正式にオファーを出し、今は待っているところだよ」

エリクセンの代理人であるマーティン・スクーツは、火曜日にスパーズのダニエル・レヴィ会長と会談し、状況について話し合う予定だ。

スクーツは先週、インテルの代表者と会談し、そこでも1月の移籍を巡って協議が続けらた。

エリクセンは昨年の夏、トッテナムを離れる準備ができていることを明らかにしたが、夏には動きはなかった。

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督は、クリスチャン・エリクセンが1月にクラブを離れることになったとしても「堂々と去るべき」と語っていた。

彼の契約は次の夏に満了を迎え、1月1日から自由に国外のクラブと夏から契約の交渉ができる。

アントニオ・コンテが指揮を執るインテルは、今月、チェルシーのオリヴィエ・ジルーとビクター・モーゼスとの獲得にも熱心だ。

アシュリー・ヤングは、金曜日にマンチェスター・ユナイテッドから130万ポンド+ボーナスでインテルに加入を決めた。

土曜日にレッチェと1-1で引き分けた後、セリエAの順位表でインテルは現チャンピオンのユヴェントスに4ポイント差をつけた。

前回は2009-10シーズンにセリエで優勝を果たしたインテル。その時の指揮官であったジョゼ・モウリーニョは彼らを歴史的な栄冠に導いた。さらにはコッパ・イタリアとチャンピオンズリーグの制覇も含まれていた。