/エリクセンの代理人:移籍の噂の渦中にあっても本人はフットボールに集中している

エリクセンの代理人:移籍の噂の渦中にあっても本人はフットボールに集中している

2020年で満了を迎える現在のスパーズとの契約の延長に向けた交渉を続けているクリスチャン・エリクセン。

 

スタンダード・スポーツは、現在の週給7万5千ポンドから少なくとも2倍に跳ね上がっているとみられる新たな契約オファーを受けているものの、エリクセンがいまだにサインをしていない状況が続いていると理解している。

エリクセンの代理人のマーティン・シューツは、契約延長交渉の行方が不鮮明になっているなかで、エリクセン本人はピッチの上でのパフォーマンスに集中していると話す。

「クリスチャンはフットボールだけに集中したいと考えているんだ」

「技術的にも戦術的にも、アスリートとしての能力も、さらにはその姿勢においても、長年に渡る目を見張る成長によって、ワールドクラスのタレントからワールドクラスのプレーヤーへと進化を遂げた」

「今の時点では、契約の話や移籍の話の憶測話に私が加担することはないよ」

トッテナムは昨シーズンを終えて以降にハリー・ケイン、デレ・アリ、ソン・フンミン、さらにはマウリシオ・ポチェッティーノとの契約延長を決めている。