/夢のレアル・マドリード移籍を断念したエリクセンがユナイテッド行きを検討 [Mirror]

夢のレアル・マドリード移籍を断念したエリクセンがユナイテッド行きを検討 [Mirror]

クリスティアン・エリクセンは、今年の夏にトットナムを去り、レアル・マドリードへの移籍に心を決めていた。

クリスチャン・エリクセンは、レアル・マドリードへの移籍の夢が崩れた場合にはマンチェスター・ユナイテッドかユベントスへの移籍を検討している。

デンマーク代表のエースはラ・リーガを新天地とするためにトットナムを去る決意を固め、チャンピオンズリーグ・ファイナルの前にノースロンドンの自宅で荷造りをしていた。

しかし、レアル・マドリードがまずチェルシーのエデン・アザールに飛びついた後に、エリクセンのマドリード行きの希望は陰りを見せている。

今、ジネディーン・ジダン監督は、ユナイテッドのポール・ポグバの獲得を望んでいることを明らかにした。それにより、マンチェスターやトリノへ向かう道がエリクセンには残されるのみとなった。

スパーズは27歳のエリクセンの放出を望んでいるが、ダニエル・レビィ会長は1億ポンドを要求。

エリクセンは今月、次のようにトッテナムを去る意向を明らかにしていた。

「私はトッテナムで起こったすべてのことにとても深い敬意を持っているけど、何か新しいことを試してみたいと考えている」

「僕はこの夏の間にハッキリとさせたいと思っている。そのつもりだよ。フットボールでは、いつハッキリと決まる時が来るか分からないし、いつでも起こりうるんだ。誰もができるだけハッキリとしたいと思ってるけど、フットボールでは時間がかかるんだよ」

「ダニエル・レビィ会長や他のクラブの獲得オファー次第だよ。または、(スパーズと)契約延長の交渉をすることになるかも知れない」

来シーズンはここにいないとスパーズのチームメイトに伝えたエリクセンを放出することで、マウリシオ・ポチェッティーノは新たな補強のための重要な資金を手にすることになる。

スパーズの監督は、クリスタルパレスのウィルフレッド・ザハの獲得にスポットライトを当てている。

Tottenham Hotspur