/ムサ・デンベレはチャンピオンズリーグのメダルを受けることができるのか?

ムサ・デンベレはチャンピオンズリーグのメダルを受けることができるのか?

今年1月にスパーズを離れたムサ・デンベレは、果たしてチャンピオンズリーグの優勝または準優勝のメダルを貰い受けることができるか。一部、スパーズ・ファンの間ではこのような話がなされているらしい。

 

長年スパーズに貢献してきたムサ・デンベレは、今年の初めにノースロンドンからチャイニーズ・スーパーリーグの広州富力へと移籍した。

しかしながら、ムサ・デンベレは今シーズンのチャンピオンズリーグで2試合(2-1で敗れた9月のインテル戦、及び2-2で引き分けた10月のPSV戦)に出場しており、少なからずスパーズの決勝トーナメント進出に貢献したと言えよう。

それでは、チャンピオンズリーグ・ファイナルの試合終了後、メダルの配分についてどのような運用がなされるのか。以下で確認していくことにする。

まず、ゴールドまたはシルバーのメダルが合わせて80枚のメダルが配られ、メダルの分配については各クラブの裁量によるものとされている。

UEFAのスポークスマンが、football.londonに伝えたところによると「規則では、優勝チームにはゴールドメダル40枚を、準優勝チームにはシルバーメダル40枚を提供することになっている」とのこと。

また、メダル配分の決定については、「選手及びテクニカルスタッフへのメダル配分については各チームの裁量に任せている」と語っている。

つまり、ムサ・デンベレがメダルを手に入れられるかは、メダルの分配を決めるであろうポチェッティーノ次第ということになる。チームを離れたとはいえ、チャンピオンズリーグでの出場を果たしているデンベレの貢献度をどこまで認めるか。彼がメダルに値する貢献をなしたかの判断は、全てポチェッティーノにかかっているのである。

選手だけでなく、チームスタッフを含め、誰がメダルを受け獲ることができるのか、スパーズのマネージャーは難しい決断を迫られることになるだろう。


【スパーズ・ジャパン編集部補記】

今シーズンのチャンピオンズリーグに出場したスパーズの選手は24人。プレー時間でムサ・デンベレは2試合の先発で164分となり、20番目の選手となる。セミファイナル終了時点でデンベレよりも出場時間が短いのは、フォイス(100分)、フォルム(99分)、ガッザニーガ(90分)、ウォーカー・ピータース(61分)でいずれも先発出場が1試合のみ(フォイスとフォルムは、加えて1試合の途中出場)。

一方、チャンピオンズリーグに出場していないが、今シーズンのプレミアリーグでプレーしている選手は、スキップ(216分)、ヤンセン(36分)、エンクドゥ(4分)、エイモス(2分)の4人。その他、FAカップで途中出場を1度のみ記録しているのがエヨマとマーシュの2人となる。