/トッテナムとボローニャが冨安建洋の移籍で最後の難関を残して大筋で合意 [Calciomercato]

トッテナムとボローニャが冨安建洋の移籍で最後の難関を残して大筋で合意 [Calciomercato]

トッテナムは、ボローニャとの間で冨安建洋の移籍について大筋で合意に至った。このディフェンダーが東京オリンピックを終えた後に、移籍が成立しそうだ。

トッテナムはますます冨安の獲得に近づいている。イングランドのクラブは獲得オファーを出来高を除いて2000万ユーロにまで引き上げ、2200万ユーロを要求していたボローニャと大筋で合意に達したとのこと。ただし、まだ移籍が完了したわけではなく、支払い条件に関する問題がまだ解決されておらず、これも決して軽視できるものではない。

アタランタはまだ水面下で冨安の獲得を目指して動いているが、スパーズのファビオ・パラティチはこの取引を完了させるつもりだ。以前から個人の契約面でスパーズと合意していた福岡出身の22歳が、東京オリンピックを終えた後に移籍を成立させるだろう。