/ロジャーズ、コンテ、ポッター、ロペテギ…20人の監督候補とその真相 [Football London]

ロジャーズ、コンテ、ポッター、ロペテギ…20人の監督候補とその真相 [Football London]

ここ数週間、トッテナム・ホットスパーの次期監督の座にはたくさんの候補となる名前が挙がっているが、その裏にある真実は何だろうか?

ジョゼ・モウリーニョがトッテナム・ホットスパーのヘッドコーチの任を解かれてから2週間半の間に、彼の後任として多くの監督が候補に挙がっている。

暫定ヘッドコーチのライアン・メイソンは、クラブにあらゆる選択肢を検討する時間を与えるために、今シーズンの残りの期間、チームを指揮する任務を託された。

トッテナムの理想的な次期監督の条件は、進歩的であること、攻撃的であること、ポゼッション・ベースのフットボールを好むこと、そして最も重要なことは、マウリシオ・ポチェッティーノ時代に実施された最先端の技術を使用することを含む、クラブの文化に適合することだと理解している。

その上で、年齢は関係ない。トッテナムは、ピッチ上で見たいと思っている攻撃的なフットボールを実現するために、幅広い候補者を用意することになり、当初は長い候補者リストができあがった。

スパーズはシーズン終了前に新監督を発表したいと考えているようだが、それが実際に実現できるかどうかは別の問題となる。

ユリアン・ナーゲルスマンがRBライプツィヒからバイエルン・ミュンヘンに2000万ユーロで移籍したことで候補から外れた今でも、多くの名前が候補に挙がり続けている。

トッテナムに興味を持っている者、代理人からオファーを受けている者、適任ではないかと言われている者、そしてどこからともなく浮上した名前。

まだまだこれから有力な候補者が現れる可能性は高く、そのプロセスの初期段階で非現実的な候補と考えられていた者たちも、状況が変わるかもしれない。