/スパーズ・ファンの反発を受けてジェンナーロ・ガットゥーゾの監督就任は中止へ

スパーズ・ファンの反発を受けてジェンナーロ・ガットゥーゾの監督就任は中止へ

スパーズのファンがSNSで「#NoToGattuso」というメッセージを発信し、一夜にしてトレンド入りした。

トッテナムは、ジェンナーロ・ガットゥーゾを新監督に指名する動きを、ネット上のファンの反発を受けて中止した。

木曜日、新フットボール・マネージング・ディレクターのファビオ・パラティチが、元イタリア代表ミッドフィルダーのガットゥーゾの招聘に乗り出し、それまで候補であったパウロ・フォンセカとの交渉を中止したことが、衝撃的なニュースとして取り上げられた。

しかし、スパーズ・ファンによるソーシャルメディア上のキャンペーン「#NoToGattuso」が展開され、金曜の朝には、スパーズのダニエル・レヴィ会長がその交渉を取りやめたとThe Athleticのデイビッド・オースンタイン記者が伝えている。

今週初め、トッテナムがフォンセカを新監督に任命する動きが進んでいた。確かに、スパーズ・ファンにとっては必ずしも魅力だとは言えない動きだった。

しかし、その計画は、就任からわずか23日間のフィオレンティーナを去ったガットゥーゾを、パラティチが以前ユベントスで監督に迎え入れたいと考えていたことから、スパーズの次期監督の最有力候補に浮上したことで、突然に終わりを告げた。

しかし、ガットゥーゾがスパーズの空位のポストに向かった途端、スパーズ・ファンはツイッターで「#NoToGattuso」というキャンペーンを展開したのである。

ガットゥーゾは過去にいくつかの物議を醸した事件があり、極端な性格であることが知られている。そして、この監督人事には、トッテナム・ホットスパー・サポーターズ・トラストも声を上げた。