/リカルド・ビゴン:冨安のプレミアリーグ行きは避けられない

リカルド・ビゴン:冨安のプレミアリーグ行きは避けられない

ディ・ヴァイオとの挑戦は?

現在のボローニャで最も重要な選手の一人である冨安健洋の情報を求めているクラブはたくさんある。この日本代表ディフェンダーには特にトッテナムに興味を持っているようだ。

「複数のクラブが興味を持っているが、我々に急いで売却する理由はないんだ。プレミアリーグのクラブに関心を持たれたら、選手本人は無関心ではいられないよ。だが、我々にとっても選手にとっても好ましい条件が整うまで待ちたいと思っている」

セリエAのいくつかのクラブからも冨安に関心が寄せられている。

「少なくとも3つのクラブが名乗りをあげ、情報提供を求めてきた。今は移籍マーケットの真っ只中で、彼らは何が起こるかを目の当たりにするだろう。選手本人は現在、オリンピックに参加しているので、取引成立を急ぐ必要はないんだよ」

ファンホーイドンクとボニファーツィの獲得

最後にビゴンは、元オランダ代表ストライカーのピエール・ファンホーイドンクの息子であるフォワードのシドニー・ファンホーイドンクと、すでにセリエAでの経験が豊富なディフェンダーのケヴィン・ボニファーツィという2人の選手を獲得したことについて、次のように語った。

「ファンホーイドンクとボニファーツィ、それと他の興味深い若手を獲得したね。オランダの2部リーグから来たファンホーイドンクに過剰な期待をかけてはいけないが、彼はよく馴染んでいるし、意欲も強いよ。ボニファーツィは、セリエAでの出場経験が豊富で、すでに準備が整っている選手だ。彼はとてもよくこのチームの和に馴染んでいる」

「4年前から技術的に統合されたプロジェクトがあり、おかげでより馴染みやすくしているんだよ。現在、バロウ、スコフ・オルセン、冨安、メデル、ドミンゲスなどチームの先発となる7人の選手が欠けている。チームは競争力があり、さらに成長したいと思っているよ」