/リカルド・ビゴン:冨安のプレミアリーグ行きは避けられない

リカルド・ビゴン:冨安のプレミアリーグ行きは避けられない

ボローニャのジェネラル・マネージャーであるリカルド・ヒゴンは、Sky Italiaの取材で移籍マーケットの現状について次のように語っている。

「アルナウトビッチは補強ターゲットであり、我々は以前から彼を追いかけてきたし、我々に適した戦力だと思う。テーブルの上のカードは変わってしまったが、取引を成立させるために努力するよ」

「冨安?多くのチームが彼に興味を持っているが、我々はクラブと選手本人にとっての最良の選択肢を検討していくよ」

ボローニャは、順位表の上半分でシーズンを終えることを目標に、近年、常に好調な成績を収めているチームをさらに強化しようと動いている。現在、ピンゾロでのプレシーズンのトレーニングに励んでいるボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督は、ボローニャでの4シーズン目(これまで2008-09シーズンと2019-20シーズン、20-21シーズンに指揮を執っている)に向けて準備を進めている。

スポーツ・ディレクターのリカルド・ビゴンは、常に適切な移籍取引を探っている。その中には、ビゴン自身がSky Italiaに明かしたように、クラブの補強ターゲットとして宣言しているマルコ・アルナウトヴィッチも含まれているかもしれない。

「今、我々はオープンな交渉を行っている最中であり、そのゆえに口論や反論を前提としている」

「これがいつ終わるかはわからない。彼(アウナルトビッチ)は我々に適したプロフィールを持っていると信じているので、長い間追いかけているが、今のところ後回しにしている代替案もある。この交渉を成立させるために努力したいが、我々の契約下にある選手ではないので、この先を予測することは難しいよ」

「この先、どのくらいの時間を要するかって?もともと提案された条件と比較して、その一部が変更されているため、我々の要求や対応も変わっている。テーブルの上のカードが変わっても、どこまでやればいいのかを理解して適応しなければならないんだ」

「我々はボローニャであり、クラブのガイドラインを遂行しなければならないからね。いずれにしても、契約を成立させるために努力したいと思っているよ」