/ラファエル・ファンデルファールト:ファンの質問で振り返る自身のキャリア(前編)

ラファエル・ファンデルファールト:ファンの質問で振り返る自身のキャリア(前編)

ビッグインタビュー:ラファエル・ファンデルファールト「そうだね。ズラタンは僕の脚を折ってやると脅かしてきたよ。でも、彼は誰にでもそう言ってたんだ」

 

トレーラーの駐車場で子供時代を過ごすってのはどんなもの?なぜズラタン・イブラヒモビッチと不和になったの?スパーズの試合で観客の女性にキスする羽目になったのはなぜ?

2018年4月にファンから寄せられた質問に、ファンデルファールトが答えた。

 

デンマークのエスビャウでプレーしているファンデルファールトは、負傷続きの時期を経て、2018年11月5日に引退を表明した。

「今が辞める時だよ。よぼよぼになってもフットボールを続けたかったけど、そうはならなかった。今は、フットボールをやらせてもらえた全ての日々に感謝するだけだよ」

 

ここに彼自身が振り返った紆余曲折に満ちたそのキャリアをご紹介しよう。

チャンピオンズリーグやワールドカップの本戦でプレーし、高額移籍金でフットボール界を渡り歩いたベテラン選手だが、ラファエル・ファンデルファールトは今でも金の卵たちに対して大きな期待の重圧にどう対処するかなど、賢い助言を与えることができるはずだ。2003年、彼はヨーロッパのスポーツ記者たちによるゴールデン・ボーイ賞の初代受賞者となっている。多くの候補者がおり選考は非常に接戦だった。

「僕の記憶が正しければ、その年はウェイン・ルーニーとクリスティアーノ・ロナウドが2位と3位になっているはずだよ」

いたずらっぽく笑いながら、彼はそう語った。

Tottenham Hotspur