/1月の移籍マーケットでのすべての動き(加入/放出)を評価

1月の移籍マーケットでのすべての動き(加入/放出)を評価

テイシャン・オークリー・ブース

こちらも完全移籍となった選手だ。オークリー・ブースは、2シーズン前のプレシーズンにポチェッティーノに好印象を与え、その後のカラバオ・カップでデビューした。

しかし、負傷によって成長が停滞し、それからファーストチームに戻ることはなかった。

ストークはこの夏にも獲得に動いており、この冬に19歳のオークリー・ブースをチャンピオンシップに連れて行くための移籍金でスパーズと同意。トッテナムは間違いなくオークリー・ブースの次の移籍で発生する移籍金の一部を得る権利を持っているだろう。

アンソニー・ジョージュー

スターリングと同様に、ジョージューは今シーズン、負傷によってプレー機会が妨げられており、イプスウィッチでのローンは年末に終了した。

ボルトン・ワンダラーズへのこの冬のローン移籍は、彼が3月までハムストリングの負傷から復帰できない見込みを織り込んで成立した。

選手がシーズン終了前に出場時間を得て、来年の夏に移籍マーケットで他クラブの注目を得る機会が持てるという点で良い移籍だ。

シロウ・トレーシー

こちらも一定のレベルでファーストチームでの出場機会を得る必要がある選手だ。 21歳の彼はマクルズフィールド・タウンにローンで加入しており、すでにリーグツーで数分間プレー。来年の夏に自分の名前が浮上することを望んでいる。

スパーズ公式グッズの送料無料キャンペーンのご紹介
送料無料の条件:120ポンド(約14000円)以上の購入


おすすめグッズ
✅ユースXLの2019-20シーズン ホーム・ユニフォーム ¥7,700
8000円以下と割安なユース用ユニフォーム(レプリカ)だが、日本人の170cm台の中肉であればちょうどいいサイズでお得。

(下の画像をクリック)