/1月の移籍マーケットでのすべての動き(加入/放出)を評価

1月の移籍マーケットでのすべての動き(加入/放出)を評価

ティモシー・エヨマ

TJの愛称で知られるエヨマは、自身のキャリアを前進させるために動き出す必要があった。昨シーズンのFAカップ、トランメア戦でスパーズ・デビューを果たしたが、アカデミー出身のディフェンダー有望株としてはジャフェト・タンガンガに遅れをとってしまった。

現在20歳の彼は、ローンでリーグワンのリンカーン・シティに移籍し、すでに招集メンバー入りを果たしている。

パリス・マゴーマ

アカデミーを経てトッテナムから完全移籍によって去ることになった、テクニックに優れた選手。

18歳の彼は、ファーストチームに入れるとは信じておらず。ポチェッティーノ時代にたびたびファーストチームのトレーニングに合流していたが、次の一歩を踏み出すようには見えなかった。

マゴーマは現在、ブレントフォード Bに移籍し、チャンピオンシップを戦うファーストチームに昇格することを望んでいる。

ホームグロウンの若者が移籍によって去っていくのは悔やまれることだが、この移籍についてはすべての関係者にとって正しい移籍だと感じられただろう。

カザイア・スターリング

カザイア・スターリング

21歳のアタッカーは、今シーズンこれまで忘れさられた存在だった。ドンカスター・ローバーズでのローンの初期に、誰もが足をつっただけだと思った。しかし、その患部に内出血が発見され、それ以来、出場できずにいた。

チャンピオンズリーグとFAカップでプレー経験があるスターリングにスパーズは大きな期待を抱いており、リーグ・ツーのレイトン・オリエントに彼をローンで出す決定が下される前には、それよりも上位のクラブから多くの問い合わせがあったようだ。

レイトン・オリエントは、来月までに復帰が見込めないまだ負傷しているストライカーを忍耐強く待つことになる。これは合理的なローンと言える。