/1月の移籍マーケットでのすべての動き(加入/放出)を評価

1月の移籍マーケットでのすべての動き(加入/放出)を評価

ジャック・クラーク

ジャック・クラークは夏にトッテナムに加入した後、それ以降のキャリアの5ヶ月をほとんど無駄にしてしまった。

加入当初のプランとしてはスパーズのファーストチームの一員に加わることだったが、ポチェッティーノはその準備ができているとは考えず。すぐさまローンでリーズに戻され、最終的にチャンピオンシップには多すぎる6人のローン加入の選手をリーズが抱える問題を引き起こしたことで、そのしわ寄せを受けることになった。

クラークは今シーズンの前半戦をマルセロ・ビエルサ監督のもとで過ごし、わずかな試合でプレーをしたが、今月のQPRにローンで移籍して以来、最初の3試合で2度の途中出場を果たし、リーズでの今シーズンの出場試合数を越えた。

10代のウィンガーは、来年の夏にスパーズで激戦区のポジション争いに勝機を見出すためにも、ローン先での今シーズンに大きな活躍を披露する必要がある。

ブランドン・オースティン

ブランドン・オースティン

ブランドン・オースティンは、スパーズのファーストチームの舞台裏で静かに成長を遂げており、ウーゴ・ロリスの怪我による欠場中にプレミアリーグの試合のベンチにも何度か入っている。

彼はまた、今シーズンに初めてU-21イングランド代表に招集されたが、クラブのファーストチームの公式戦では出場していない。

それだけに、出場機会を得られるチームへのローンを若いアカデミーのキーパーに見つけるのは、実現が難しい移籍となる。

この21歳のキーパーがデンマークの2部リーグを戦うヴィボーFFへのローン移籍を実現したことは、そのクラブの知名度が高くなくても、本人の成長にとって大きな糧となるだろう。

オースティンは、ウィンターブレイク中の親善試合でデビューし、2-0で勝利したシルケボーIF戦でクリーンシートに貢献する安定のパフォーマンスを披露した。