/1月の移籍マーケットでのすべての動き(加入/放出)を評価

1月の移籍マーケットでのすべての動き(加入/放出)を評価

ステーフェン・ベルワイン

モウリーニョは1月を「機会次第の移籍マーケット」と呼び、ステーフェン・ベルワインの移籍はまさにその言葉を体現している。

22歳のオランダ人は、ここ数シーズンでスパーズが密接に追跡してきた選手である。

この冬に突然、スパーズはベルワインが手頃な価格で獲得できるという情報を得た。そこでスパーズは迅速に行動を起こし、当初、PSVの内部で混乱が起こったにもかかわらず、数日のうちに商談を成立してみせた。

この若いウィンガーがスパーズでのデビュー戦で大きな衝撃を与えたことで、トッテナムはさらにこの補強にエキサイトしたが、2700万ポンドでの獲得はバーゲンだろう。

キャメロン・カーター・ヴィッカーズ

22歳のアメリカ人にとって奇妙な1月だった。彼はストークでのローンを年の変わり目に終えてスパーズに戻ったが、ファーストチームの一員と見なされなかった。

続けてのローンでルートン・タウンに移籍したのは1月30日。カーター・ヴィッカーズは、過去3年間にストーク、スウォンジー、イプスウィッチ、シェフィールド・ユナイテッドとローン先で経験を積み、チャンピオンシップのレベルでは確固たるセンターバックへと成長した。

これまでの数シーズンを通してトッテナムはローンの費用を獲得して一定の金額を得ているが、次の夏にスパーズは完全移籍で放出するか、ようやくファーストチームのドアを開くかを決断することになる。

可能性としては前者が濃厚だが、この若いディフェンダーが自分の名前を売りだすための良いローン移籍でもあり、ルートンではすでにベンチからデビューを飾っている。