/1月の移籍マーケットでのすべての動き(加入/放出)を評価

1月の移籍マーケットでのすべての動き(加入/放出)を評価

ジオバニ・ロチェルソ

1月の移籍マーケット期間中に23歳のミッドフィルダーのレアル・ベティスからのローン移籍を完全移籍に切り替えた判断は極めて容易だった。

トッテナムは次の夏であれば3400万ポンドの移籍金の支払いを求められるとkろを、この冬に支払うことで2720万ポンドの移籍金に軽減できた事実をあるが、何よりもここ最近のロチェルソはプレミアリーグで水を得た魚のように見事な適応を見せている。

トッテナムの未来のスター選手になる見込みが立ち、これは、ベルワインと同様に、最終的にはバーゲン価格での補強となりうる素晴らしい投資と言えるだろう。

カイル・ウォーカー・ピータース

これはカイル・ウォーカー・ピータースが待望していた移籍だった。

2年前にfootball.londonは、この若いサイドバックに、ローン移籍を望んでいるかを尋ねている。そこでしばし時間を置いて回答をためらいつつも、「マウリシオ・ポチェッティーノの決定であれば何であろうと受け入れる」と答えてくれた。

当時、彼はファーストチームでレギュラーとしてプレーすることも、育成チームでプレーすることもなく、トッテナムに飼い殺しされた状況であった。

その後の2年間、彼はさらにフラストレーションを溜めていき、プレーの機会が与えられれば好印象をそこで残したが、すぐにチームから外されてしまった。その影響か、昨シーズンのパフォーマンスからは自信のなさが露呈していた。

彼の今回の移籍は動きは完全移籍になるとの情報もあったが、この経験がウォーカー・ピータースの成長につながり、結果的にローンがスパーズにとって素晴らしい移籍と評価できるようになるかもしれない。