/ベン・デイビス:鼠蹊部の怪我の苦悩とジャカの境遇への理解

ベン・デイビス:鼠蹊部の怪我の苦悩とジャカの境遇への理解

「嫌な状況が続いていることは僕自身も理解しているよ。結局のところ結果がすべてだからね。僕らはがむしゃらに戦おうとしていたし、プレシーズン中に誰一人として自信を失っていたようには思えない。しかし、僕らが欲する結果に至っていないことは、僕ら全員よくわかっているさ。」

デイビスが近頃抱えていた問題は、彼に広い視野で物事を捉えるきっかけを与えてくれた。そして、彼はノースロンドン・ダービーのライバルであるグラニト・ジャカに同情するコメントを出した。彼は先週末のクリスタルパレス戦でアーセナルのファンからブーイングを受け、それに対して適切でないリアクションをしたことが話題になっている。

「ウェールズ代表で心理学者と話したことを思い出すよ。彼がいつも言っていることなんだけど、フットボーラーは自身のパフォーマンスを毎試合何百万人の人から批判されて、精神的に耐えられる限界に達してしまうものなんだ。」

「選手が落ち込んだり、悩みが尽きない夜を過ごす気分がどういうものなのか、僕には十二分にわかる。ショップで働くのとは根本的に違うのさ、ショップで働いていて何百万人に評価されるなんてことはないからね。フットボールの世界はストレスフルな環境にあるんだ。」

「グラニト・ジャカのような境遇にある人についてだけど、彼のようにもがき苦しみ頑張っている人がいるとわかっても、その心境を理解しようとする者は誰一人いないのさ。」

Tottenham Hotspur