/ベン・デイビス:鼠蹊部の怪我の苦悩とジャカの境遇への理解

ベン・デイビス:鼠蹊部の怪我の苦悩とジャカの境遇への理解

トッテナムのベン・デイビスは、昨シーズンにチャンピオンズリーグ・ファイナルに進出する最中、彼自身は負傷による痛みに苛まれていたという事実を公の場で語った。

デイビスは昨年、スパーズとウェールズ代表で48試合に出場したが、実際のところ今日に至るまで怪我に悩まされ続けている。

本日のエバートン戦を前に26歳のレフトバックは語る。

「僕は昨シーズンずっと鼠蹊部の怪我に悩まされていたんだ。」

「安静にすることで鼠蹊部の問題は解決すると言われ続けていたんだけど、夏からチームに合流し、安静をとることはなかった。試合後の数日間は痛みに苦しんでいたよ。」

「試合当日のウォームアップ中に、無事この試合を終えられるかって時折不安に苛まれていた。少量の痛み止めを摂取したり、その他にもやれることは何でもすることで、昨シーズンを乗り切ることができた。」

「ウェールズ代表での試合とチャンピオンズリーグのファイナルを戦った後、僕はようやく手術を受けた。僕の身体には今、2つの傷痕があって、それは中央部分のない帝王切開のようなんだ!ともかく、この手術は僕が何よりもすべきことだったんだんだよ。」

「僕には夏の休暇がほとんどなかった。僕はカリフォルニアに行ってきたけど、理学療法士が同伴だったし、普段と何ら変わらなかったよ。」

The Welsh left back watched Spurs' Champions League final defeat from the subs' bench
Tottenham Hotspur