/バルセロナがライアン・セセニョンに興味を持ちトッテナムに打診 [Sky Sports]

バルセロナがライアン・セセニョンに興味を持ちトッテナムに打診 [Sky Sports]

フラム時代からライアン・セセニョンを高く評価していたバルセロナは、その獲得が可能かどうかについてトッテナムに問い合わせている。

20歳のセセニョンへのスペインからの関心は2年以上前にまで遡り、バルサのスカウトは2018年のチャンピオンシップ昇格プレーオフ・ファイナルを視察するためにウェンブリーのスタンドにいた。

同じスカウトが、クレイブン・コテージで少なくとも3回は視察に行っており、ユース・レベルではヨーロッパで最も有望な選手の一人であることを認識していた。

バルサはこの夏、セセニョンのスパーズでの活躍が遅々として見られていないが、スパーズとクラブ間でトレード移籍の可能性について、仲介者を介した問い合わせを行い、選手への高い評価を明らかにした。

Ryan Sessegnon has struggled for first-team matches under Jose Mourinho

先月、Sky Sports Newsは、スパーズが移籍金記録で補強したタンギ・エンドンベレの獲得を目指し、バルサがネルソン・セメドとサミュエル・ウムティティをスパーズにトレード要員としてオファーしていると報じていた。

しかし、Sky Sports Newsは、バルサがユベントスからミラレム・ピャニッチを獲得したため、エンドンベレへの関心が冷めてしまったことを明らかにしている。