/ウェストハム戦の先発メンバー考察:タンガンガとベイルの先発は?デレ・アリかラメラか?

ウェストハム戦の先発メンバー考察:タンガンガとベイルの先発は?デレ・アリかラメラか?

センターバックに目を移すと、トビー・アルデルヴァイレルトとエリック・ダイアーを起用しそうではあるが、モウリーニョは前任者であるマウリシオ・ポチェッティーノと同様に、数年前にハムストリングを痛めた31歳のベルギー人ディフェンダーを連戦出場させることに消極的になることが多い。

木曜のヴォルフスベルガー戦でモウリーニョはギャレス・ベイルに日曜日のウェストハム戦で自らが出場チャンスを得るに値することを証明するようにプレッシャーを与えたが、そこでベイルは1ゴール、1アシストの結果を出した。

また、エリク・ラメラも最近の好調ぶりから、ここで先発に復帰する可能性がある。

ロリス、タンガンガ、サンチェス、ダイアー、デイヴィス、ホイヴィア、エンドンベレ、ベイル、ラメラ、ソン、ケイン

リー・ウィルモット – ロンドンとサウスのフットボール・ヘッド

木曜日の夜にヴォルフスベルガーに勝利して士気を高めたモウリーニョと選手たちを、この週末に待ち受けているのはアウェーでのウェストハム戦である。

ロンドンのライバル対決は、常に大乱戦の予感が漂うが、今回はハマーズの好調もあっていつも以上にスリル満点になりそうだ。

ウーゴ・ロリスの前は、右サイドバックにジャフェト・タンガンガを、センターバックにはトビー・アルデルヴァイレルトとエリック・ダイアーを起用したい。左サイドバックは、セルヒオ・レギロンがいないためベン・デイヴィスが務めることになる。

今シーズン、ピエール・エミール・ホイヴィアはスパーズでプレミアリーグにフル出場しているが、彼がいなかったらどうなっていたかわからないほどの活躍ぶりだ。彼の隣にはタンギ・エンドンベレが入る。

そして大きな決断を強いられるのは、ここから前のポジションだ。