/ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

エベレ・エゼ

スパーズはQPRと素晴らしい関係を築いており、スパーズは今シーズンもエズを継続してエゼを何度と無く視察してきた。

今シーズンのチャンピオンシップで14ゴールと8アシストを記録している多才な攻撃的ミッドフィルダーは、主に中央でプレーしているが、ウイングでもプレーできる。

QPRはスパーズからローンで獲得していたルーク・エイモスを完全移籍で獲得することに意欲的なようだが、トッテナムはホームグロウン枠の選手を増やすためにもエゼの獲得の可能性も視野に入れているようだ。

トッテナムにとっての最大のハードルは、22歳のエゼがファーストチームでレギュラーとしてプレーしたいという願望を持っており、他のプレミアリーグのクラブであればその願望を満たせるものの、スパーズでは厳しいという点だ。

ニコロ・ザニオーロ

才能ある21歳は、数シーズン前からスパーズが獲得に関心を持っていると噂されていた。

十字靭帯損傷によって7ヶ月間の離脱を強いられるタフなシーズンを過ごしたザニオーロは、リーグ再開後にベンチに戻ってきた。

多くのクラブから高い評価を得ているが、最近、ローマのオーナーが変わったことで「非売品」になったと考えられており、この先、数年をかけてローマのスターになり得るだろう。