/ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ウィリアン

ブラジル人のウィリアンは、一時期、「スパーズでモウリーニョと共闘する」との噂が流れていたが、モウリーニョが「年齢が高い選手を補強をターゲットにすることはないだろう」と発言したことで、この補強の実現性は低くなってしまった。

莫大な契約費や外国人選手の枠があることから、すでに加入の可能性は低くなっており、日曜日に32歳になるウィリアンはノースロンドンの赤い方へと向かっているだろう。

デビッド・ブルックス

2年前、スパーズはシェフィールド・ユナイテッドからブルックスとの契約を望んでいたが、ボーンマスがその戦いに勝利した。

降格が決まったボーンマスは、ウェールズ代表のブルックスを放出して資金を得たいと考えているのかもしれない。

23歳のブルックスは、足首の手術を受けてシーズンの大半を離脱しており、プレミアリーグ再開後にようやく復帰している。

万能型のミッドフィルダーで中央や右ウイングでプレーすることができ、ベン・デイビスとは異なり、イングランドのワリントンで生まれ、マンチェスター・シティやシェフィールド・ユナイテッドのアカデミーを経ているため、ホームグロウンとなる。

膝の問題の懸念、その評価額、そしてスパーズが攻撃的ミッドフィルダーのさらなる補強をするのかどうかに大きく左右されるだろう。