/ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

トロイ・ディーニー

これは思いの外「クレイジーな補強」ではないかもしれない。もしも、移籍マーケットが進むにつれてスパーズがストライカーの補強に苦労し続けるようであれば、経験豊富なワトフォードのフォワードに目を向けるのはいくつかの点で合理的とも言える。

モウリーニョはfootball.londonに対し、「スパーズがこの夏に年齢が高い選手を補強をターゲットにすることはないだろう」と語ったが、移籍マーケットの終盤に数年前にフェルナンド・ジョレンテを獲ったような動きをするなら、32歳のディーニーはケインのバックアップとして悪い選択肢ではないはずだ。

今シーズン、降格したワトフォードで27試合に出場して10ゴールを記録しているディーニーだが、膝の問題は今後も疑問符がつくだろう。

レオン・ベイリー

爆発力のあるスピードを武器とする22歳のジャマイカ人は、今夏にバイエル・レバークーゼンを去る可能性がある。

これまでにスパーズは何度も彼の移籍について報じられてきたが、この夏にウィンガーを補強する必要があるのだろうか?

モウリーニョが現戦力のウインガーを入れ替えたくないと言っていたように、クラブからの突然の放出がない限り、このウインガーの獲得に動くことはありそうにない。