/ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

サイード・ベンラーマ

アルジェリア人はチャンピオンシップのブレントフォードで素晴らしいシーズンを過ごし、主に左ウインガーとしてプレーしていた。プレミアリーグへの昇格プレーオフ・ファイナルにまでたどり着いたが、そこで惜しくも敗れてしまった。

24歳のこの選手には2000万ポンドの値段がついているが、やはり外国人選手であるという問題と、トップリーグでも同じようにパフォーマンスを発揮できるかどうかというギャンブルがある。

プレミアリーグの多くのクラブがブレントフォードのアタッキング・トリオに注目しているだろうが、現在スパーズが保有しているウイングの数を考えると、ベンラーマはスパーズにとって優先的な補強ターゲットではないようだ。

キム・ミンジェ

この韓国人ディフェンダーは確かにトッテナムが興味を持っている選手だが、実現するには移籍金の金額が適切でなければならないし、またしてもホームグロウン枠の問題がある。

今世紀に韓国から出てきた最も才能のあるディフェンダーと言われているキムの移籍が実現するには、おそらくフアン・フォイスの移籍が必要になるだろう。

中国スーパーリーグの北京公安は、その背の高さとパワフルさから「モンスター」の愛称で親しまれている6フィート3インチ(190cm)のディフェンダーをチームに留めたいと考えているが、スパーズからの打診に対してまだ具体的な要求額を提示していないという。