/ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

カラム・ウィルソン

28歳のイングランド代表は、補強においてトッテナムが求める要素の数多く満たしており、スパーズは獲得に興味を持っている。

ウィルソンは残留を争い苦戦を強いられたボーンマスでタフなシーズンを過ごしたが、今シーズンのプレミアリーグで3試合を除いて全ての試合に出場しており、かつての負傷歴からその耐性という点でも及第点といえる。

移籍金の額において、1000万ポンドの降格時の解除条項から、1500万ポンドから2000万ポンドの間の評価額まで、様々な報道が出ている。

この多才なイングランド人ストライカーは、ハリー・ケインの控えとしても、彼個人の才能においても、プレミアリーグを未経験の外国人ストライカーを補強するよりははるかにギャンブル性は低いだろう。

マックス・アーロンズ

スパーズはここ数年、この20歳のサイドバックを注視しており、その年齢にもかかわらず、ノリッジではプレミアリーグで2試合を除いて全ての試合に先発出場している。

彼の体躯には疑問の声が出ているが、もしトッテナムが降格したカナリーズから妥当な価格で補強が可能であれば、「成長の可能性が高い若い選手」というスパーズの移籍方針にふさわしい選手である。

セルジュ・オーリエがACミランに移籍した場合、アーロンズを右サイドバックのレギュラー候補として補強することで、コートジボワール人に使っていた外国人選手枠を他の選手に使うことができる。