/ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ギャレス・ベイル

さっそくこの男の話題から始めてみよう。

時は2029年…。40歳のギャレス・ベイルはトッテナム・ホットスパーへの復帰を示唆されている。

そう、多くのスパーズ・ファンは31歳のウェールズ人が戻ってくるのを見たいと思っているが、マドリードでの週給が625000ポンド(ハリー・ケインの3倍以上)と報じられていることを無視したとしても、彼はクラブの移籍方針のどの側面にも当てはまらないのだ。

その上、彼の代理人は数ヶ月前に、トッテナムへの復帰は絶対にないと言っていた。そう語る代理人は、失笑すらしていたのだ。

ゼキ・チェリク

リールのトルコ人右サイドバックは、ルイス・カンポスとジョゼ・モウリーニョの親交もあって数ヶ月前からスパーズへの移籍が報じられている。

football.londonでは、他の右サイドバックの補強が実現しない場合にチェリクがトッテナムの補強ターゲットとなる可能性がある。しかし、右サイドバックのポジションでのチェリクの優先順位は高くなく、現時点ではスパーズがフランスのクラブと話しをしていないと理解している。

外国人選手枠の問題を考慮すると、スパーズはこの23歳の移籍を検討する前に他の外国人選手を放出しておく必要がある。