/ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

イヴァン・ペリシッチ

こちらも毎年のようにスパーズが獲得に関心を持っていると報じられる選手だが、年を追うごとにスパーズへの移籍の可能性は低くなっている。

前述の通り、モウリーニョは「年齢が高い選手を補強をターゲットにすることはないだろう」と語っており、31歳の彼はバイエルン・ミュンヘンへのローン移籍が完全移籍になる可能性があると報じられている。

ベダト・ムリキ

1月にスパーズが獲得に動いていたもう1人のストライカーで、この26歳のコソボ代表は、それ以来、多くのクラブへの移籍の噂が出回っている。

今シーズン、フェネルバフチェで36試合に出場して17ゴールを記録したムリキだが、そのうちの2ゴールはリーグ再開後のものだった。

価格がバーゲン・プライスにでもならないかぎり、この夏にトッテナムの移籍してくるとは思えない。