/ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ティモシー・カスターニュ

右サイドバックの補強ターゲットの一人であり、本人は「スパーズに加入したい」と躊躇なく認めている。

このベルギー人は、アーセナル・ファンだったとの情報についても、「ティエリ・アンリがプレーしていたから追いかけていただけだ」と一蹴したほどだった。

24歳のアタランタのサイドバックもまた、トッテナムがこれまでに視察を続けてきた選手であり、オーリエの後任候補でもあるが、まずはコートジボワールが移籍する必要がある。

その才能は多才で、両サイドでプレーすることができ、アタランタとの契約は2021年で終了するので、割安の移籍金で獲得ができそうな点もスパーズにとっては好材料となるだろう。

ハビブ・ディアロ

スパーズは1月にセネガル人フォワードに注目しており、彼の代理人はスパーズがオファーを出したと主張している。

今シーズン、リーグアンのメスで26試合に出場し、12ゴールを挙げた25歳のディアロは、ノースロンドンへの移籍を希望していると言われている。

また、ディアロはメスのキャプテンを務めていたこともあり、モウリーニョにとっては、チーム内により多くのリーダーを生み出すための新たな一歩となるだろう。

トッテナムが今後数週間のうちに新しいストライカーとの契約を模索していることからも、注目しておきたい選手だ。しかし、やはりまず外国人選手を先に移籍させなければならいことからも、すでにスパーズは外国人選手の放出に向けて動いていることだろう。