/ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

オリー・ワトキンス

24歳のイングランド人アタッカーは今シーズン、チャンピオンシップを戦ったブレントフォードで26ゴールを挙げており、ベンラーマよりもスパーズにとって理にかなった補強となりうる。

イングランド育ちというステータスもまたスパーズが求める要件を満たしており、ケインのエキサイティングなバックアップ、またはパートナーになる可能性がある。

しかし、エゼの場合と同様に、試合の出場時間を本人はかなり重要視しており、その点では他のプレミアリーグのクラブがより多くを提供できるだろう。

ブレントフォードはワトキンスとベンラーマをそれぞれ2500万ポンド以上で評価していると報じられているが、その額ではスパーズを遠ざけることになる。

ウィルフレッド・ザハ

ベイルの噂と同様に、ザハは移籍マーケットの時期になるたびに、スパーズとの関係が報じられている。

これが2015年や2016年であれば、そのような動きに現実味があったかもしれない。しかし、2020年となった今では、スパーズのウインガーの充実ぶりと、来シーズンが始まると間もなく28歳になり、その契約期間がまだ3年も残っていること、そしてパレスが求める高額な移籍金を考えると、実現性はほぼないだろう。

ザハの唯一の優位性は、4歳の時にコートジボワールからイングランドに渡ってイングランドFAシステムを経ているため、UEFAの大会とプレミアリーグのホームグロウンとみなされていることだ。

しかし、それでもこの長く取り沙汰され続ける移籍ネタは、決して起こりえないものの一つになる。