/ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

ベイル、チェリク、コウチーニョ、ウィリアン…22のトッテナムの移籍の噂に隠された真実

夏の移籍マーケットが始まって1週間以上が経過した。トッテナムは夏の移籍に向けてすでに動き出している。

スパーズは来週、サウサンプトンからピエール・エミール・ホイヴィアの獲得を確定する見込みで、この夏の最初の補強の完了に近づいている。

ノースロンドンのクラブは、外国人登録となるホイヴィアを獲得することで、さらなる補強を続けるためには他の外国人枠の選手を放出しなければならない。なぜなら、このデンマーク人はヨーロッパ戦における外国人枠(17人)の最後の1人となるからだ。

プレミアリーグのチーム登録では、ベン・デイビスがホームグロウンとみなされているため、さらに1つの登録枠が空くことになるが、UEFAのルールではウェールズ人はホームグロウン(国内選手枠)にはカウントされない。

つまり、トッテナムはホイヴィア以降に外国人選手を獲得する際には、1人を補強したら1人を放出する方針で動くことになる。

これはスパーズが慢性的に抱えてきた問題であり、ヤン・フェルトンゲンとミシェル・フォルムの退団の後でさえ、その枠はわずかに空きができたに過ぎないのだ。

それを念頭に置いて他の多くの要因を考慮して、この夏、トッテナムへの移籍が取り沙汰されているすべての選手たちを見て、ノースロンドンにやってくる可能性について考察をしてみたい。