/ベイル、デレ・アリ、アルデルヴァイレルト…モウリーニョに実力を証明すべき10人の選手たち

ベイル、デレ・アリ、アルデルヴァイレルト…モウリーニョに実力を証明すべき10人の選手たち

フットボール・キャリアのスタート地点にいるのか、はたまたすでに確固たるスタートしての地位を築いているのかは問題ではなく、その実力を証明しなければならない時があるのが当然のことだ。今のトッテナム・ホットスパーは、まさにそのような状況にある。

今のトッテナムには強力なチーム戦力が備わり、チーム内では1つポジションに複数の選手がいる。その結果として競争が生まれ、パフォーマンスが向上し、自分の実力を証明しなければならないという欲求が生まれている。

フットボール選手にとって、そのような時に直面すると、自分の能力や重要性を、監督や会長、ファンや広く大衆に向けて証明する必要があるかもしれない。

近年、マウリシオ・ポチェッティーノのもとでの移籍マーケットにおける補強でスパーズは大きく後退していた。しかし、不毛な2度の移籍マーケットを経て、ここ3度の移籍マーケットでは12人の補強で立て直しを図っている。

ジョゼ・モウリーニョはハングリーな選手を必要としており、スターティング・イレブンのポジション争いを活発化したことによってこれから数ヶ月の間に多くの選手がそのハングリーさを出してくれるだろう。

今回は、自身の実力を証明する必要がある10人のスパーズの選手を紹介する。

ジェドソン・フェルナンデス

今年1月に1年半のローンでスパーズに加入して以来、21歳のジェドソンはモウリーニョのプランの中で居場所を見つけるのに苦労してきた。

今、パウロ・ガッザニーガと共にヨーロッパリーグの登録メンバーから外れてしまったが、それはトッテナムが「non-locally trained」(イングランド外で育成された)選手を過剰に抱えているからだ。

ガッザニーガは、その実力を証明するための出場機会を得るのに苦戦することになるだろうが、ジェドソンもまた国内カップ戦での限られた出場機会で活躍することを願うしかない。それができなければ、スパーズが完全移籍での獲得を決めることはないだろう。