/ルカ・ペルカッシCEO:クリスティアン・ロメロへの獲得オファーはその価値に見合ったものでなければならない

ルカ・ペルカッシCEO:クリスティアン・ロメロへの獲得オファーはその価値に見合ったものでなければならない

アタランタのルカ・ペルカッシCEOは、ピエルルイジ・ゴッリーニがトッテナムへの移籍に近づいていることを認め、クリスティアン・ロメロへの獲得オファーは「選手の価値に見合ったものでなければならない」と語っている。

アタランタとトッテナムは、ゴールキーパーとセンターバックの両方の選手について交渉しているが、ゴッリーニはロメロよりもノースロンドンへの移籍が迫っているようだ。

ペルカッシは2021-22シーズンのアタランタのユニフォーム発表会で、次のように語っている。

「我々は多くの選択肢を検討している。ゴッリーニは我々にとって重要な選手だが、まだ何も決まっていない。トッテナムは具体的な選択肢のひとつだ」

「ロメロはセリエAで最高のディフェンダーの一人であり、多くのクラブが彼との契約に興味を持っているのは当然のことだ。アタランタは彼を成長させ、チャンピオンズリーグの舞台でプレーする機会を与えた」

「もし選手を売却するなら、賢明な方法で行わなければならないし、オファーは選手の価値に見合うものでなければならない」

最新の報道によると、ロメロはトッテナムのターゲットの一人だが、両クラブは選手の価格設定について合意には達していない。そのため、両クラブの協議は継続している。

ロメロは、2020年にユベントスから買取オプション付きのローン移籍でアタランタに加入し、2020-21シーズンのセリエAの最優秀ディフェンダーに選ばれている。