/ジャック・グリーリッシュ:スパーズへの移籍決定に95%の確信があった

ジャック・グリーリッシュ:スパーズへの移籍決定に95%の確信があった

 

スパーズのようなトップレベルで戦うチャンスを逃したことには、さすがにガッカリしたことを今週、ビラと新たに5年契約を結んだグリーリッシュは認めている。

「もちろん、ガッカリしたしたんだよね。今シーズンのスパーズを観れば分かるよ。彼らはオールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドに3-0で勝利して、来週にはチャンピオンズリーグでバルセロナと戦うんだ」

「もし移籍してたら、年内に僕はイングランド代表になれてたかなって思ったよ。僕はただの人数合わせの戦力として移籍するつもりはなかったよ」

「実際のところ、僕は控え選手になっていたかもしれない。スパーズの選手たちの実力を見誤ってはいけないからね。でも、この1〜2ヶ月のトレーニングを経て、純粋に思ったんだ。インパクトを残せただろうってね」

「シーズン当初、僕の頭のなかは揺れていたし、理性を失っていたんだ。移籍マーケットが終わり、8月が終わっても、まだ正常じゃなかったね」

「それでも、ビラを昇格させることが僕にとって最優先なんだ。それをずっと夢見てきたし、プレミアリーグでプレーすることが大きな目標だよ」