/ジャック・グリーリッシュ:スパーズへの移籍決定に95%の確信があった

ジャック・グリーリッシュ:スパーズへの移籍決定に95%の確信があった

 

「新たなオーナーがやってくるまで、ビラは資金調達を迫られていたから、クラブを救うために移籍することを僕は受け入れたんだ。ファンも分かってくれると思ってる。クラブにお金が必要だったからね」

「もちろん、なかなか落ち着かなかったよ。夏の間ずっとだったからね。ポルトガルで監督がインタビューに応えたのを多くの人が見たと思う。監督が僕の放出は不可避だと言ったのをね」

「あの時点では決まるはずだったんだけど、いろんな理由でそうはならなかった。その時点でビラが要求する金額を彼ら(スパーズ)は払いたがらなかった。でも、新しいオーナーが来て、状況は一変したんだよ」

「それでも移籍が決まらなかったからって僕がガッカリしたということはないよ。今でも僕は、小さな頃から愛するクラブでプレーできて幸せだってことを自覚しているからね。ビラで100試合以上プレーしているけど、まだ23歳になったばかりさ」

 

昨シーズン、プレミアリーグで3位だったスパーズでデレ・アリとポジションを争えるとポチェッティーノが高い評価を与えていたグリーリッシュ。