/ジャック・グリーリッシュ:スパーズへの移籍決定に95%の確信があった

ジャック・グリーリッシュ:スパーズへの移籍決定に95%の確信があった

トッテナムへの移籍騒動について、ジャック・グリーリッシュが沈黙を破った。「アストンビラのファンに手を振ったのは、さよならの意味だったんだ」

 

この夏の移籍マーケットでトッテナム・ホットスパーへの移籍が連日報じられていたアストンビラのジャック・グリーリッシュは、アストンビラのプレミアリーグ昇格に専念することを宣言した上で、その移籍騒動について口を開いた。

23歳のミッドフィルダーは、幼い頃から慣れ親しんだビラからプレミアリーグのスパーズに「95%は移籍する」と思っていたことを明かした。

夏に2500万ポンドの移籍金でトッテナムが獲得に動いていたグリーリッシュだが、移籍マーケット最終週にそのオファーはビラが拒絶。

ビラの新たなオーナーとなったナセフ・サウィリスとウェズ・エデンスは、放出を断固拒否。しかし、それ以前に移籍の覚悟を決めていたグリーリッシュは、ハル戦がビラでの最後の試合だと思い、ファンにお別れのジェッシャーをおくっていたという。

「ハルにいた時、この試合が最後になるって95%の確信があったんだ。ファンに手を振ったのは、さようなの意味だったんだよ」

「移籍マーケット最終日の木曜の朝になっても、僕は移籍すると思っていたね」