/ミケル・アルテタ:ノースロンドン・ダービー延期の可能性があるが開催されるつもりで準備する

ミケル・アルテタ:ノースロンドン・ダービー延期の可能性があるが開催されるつもりで準備する

アルテタは、アーセナルがリバプールと0-0で引き分けたカラバオ・カップ準決勝ファーストレグについて、このように語っている。

グラニト・ジャカが退場処分となり、10人で65分間プレーすることになったアーセナルは、リバプールに対して深い位置で守備に徹しなければならなかった。

「我々は、このような状況にもかかわらず、奮闘したよ」

「選手たちは素晴らしい戦いぶりで、決意、結束を示した。我々は決してあきらめなかった。選手たちの手柄だね」

「レッドカードが彼らを奮い立たせたかどうかは分からないが、闘志を駆り立てたよ。このような試合でプレーするためには、ある種の意気込みが必要であり、選手たちはそれを実践してくれた。我々の本来の戦い方ではないが、我々がしなければならない戦い方をした。私はまだ見ていないが、彼ら(コーチ陣)はチェックしたので、おそらくレッドカードだろうね」

【SJコメント】
こちらのリンク(スパーズ・ジャパンの記事)からプレミアリーグの試合を延期する申請プロセスや判断基準が確認できます。
下表は、本記事配信時点でのファンタジー・プレミアリーグのアーセナルの選手の出場可否の状況です。「i」が黄色の三角で囲まれているのは「次節欠場の可能性あり」、赤色は「次節欠場確定」。出場停止のジャカやアフリカ・ネーションズカップ参戦中のオーバメヤン、ペペ、エルネニー、パーティーを除くと、負傷や体調不良の選手です。