/UEFAがプレミアリーグから6クラブにチャンピオンズリーグ出場権を与えると提案か…

UEFAがプレミアリーグから6クラブにチャンピオンズリーグ出場権を与えると提案か…

プレミアリーグは、UEFAから提案されたイングランドのクラブにチャンピオンズリーグへの6つの出場枠について議論している。

UEFAは、ヨーロッパのクラブチームの大会の再編計画を進めており、2024年から36クラブが新しい大会方式のチャンピオンズリーグに出場することになる。まず、来シーズンからヨーロッパリーグの下に新たなヨーロッパ・カンファレンスリーグが創設されることになる。

テレグラフ紙によると、この計画において、過去の一定期間の実績に基づき算出された係数によって、プレミアリーグで4位以内に入らなかったクラブにもチャンピオンズリーグへの参加資格が与えられることになるようだ。

イングランドのクラブはヨーロッパの大会への7つの出場権が与えられることになり、原則としてはチャンピオンズリーグに4枠、ヨーロッパリーグに2枠、新しく創設されるヨーロッパ・カンファレンスリーグに1枠となるだろう。

しかし、プレミアリーグで5位から7位になったクラブは、過去のヨーロッパの大会での戦績によってチャンピオンズリーグに昇格する可能性がある。

その係数は、過去5シーズンのヨーロッパの大会での戦績によって測定され、UEFAのクラブの総合ランキングを作ることを目的としている。

現時点、チャンピオンズリーグ出場権を確保するために、クラブがどれほどの係数を達成する必要があるのかは明らかにされていない。

チャンピオンズリーグに昇格した場合、ヨーロッパリーグやカンファレンスリーグの出場枠がプレミアリーグの他のクラブに分配されず、ヨーロッパの他国のクラブが獲得することになり、イングランドからは最大で6つのクラブがチャンピオンズリーグに出場し、その場合は1つのクラブがヨーロッパリーグに進出することになりそうだ。

この提案については、まだ何も決定されていないと言われている。