/ハリー・ケイン、ゼロから100までの道

ハリー・ケイン、ゼロから100までの道

子供のころの挫折ってのは面白いものだね。あの日のことを今でも鮮明に覚えているよ。当時、僕はアーセナルのユースチームでプレーしていた。言わば、敵陣にいたようなものかな。でも、それは大きなきっかけだったんだ。

 

 

子供のころの挫折ってのは面白いものだね。あの日のことを今でも鮮明に覚えているよ。チンフォード(ロンドン北部。旧ホワイトハート・レーンからは5kmほどのエリア)の自宅の真裏に公園があってね。父や兄と一緒にいつもそこへフットボールをしに行ってたんだ。ゴールも無し。ちゃんとしたピッチも無し。ちょっとした芝生と木立(こだち)があるだけだった。それでも僕らは満足だったんだ。当時、僕はアーセナルのユースチームでプレーしていた。言わば、敵陣にいたようなものかな。でも、それは大きなきっかけだったんだ。

8歳になったある日、父と一緒に公園へ行った。その時、前触れもなく父がこう言ったんだ。

「おまえに伝えることがある」

「うん、何?」と僕は言った。

 

そして、父が僕の肩に腕を回してこう言ったのを覚えている。

「いいかい。ハリー...。アーセナルは君を手放したんだ」

その時、自分でどう感じたのか正確には思い出せない。実際、それが何を意味していたのかすら分かっていなかったと思う。小さすぎたんだ。でも、父がどう言う反応を見せたか、それに対して僕がどう感じたかは覚えているよ。父は一切僕を批判しなかった。アーセナルも批判しなかった。それどころか、そんなことは一切、気に掛けていないように見えたんだ。そして、こう言った。

「気にしなくていいよ、ハリー。もっと頑張ろう。これからも練習を続けて、他のクラブを見つけようね」

 

今思うと、僕はもっとショックを受けても不思議じゃなかっただろう。息子をプロのフットボーラーにしたいと熱望している父親ならば、多くが全く違った反応を見せたんじゃないかな。だが僕の父は、何が起こっても僕にプレッシャーを与えるようなことは無かった。いつも前向きで、どんな状況でもお決まりの口癖は「さあ、進み続けよう」だった。

そして僕らはそうして来たんだ。

TAGS: