/アルカディウス・ミリクよりもトロイ・ディーニーに獲得の可能性あり [Sky Sports]

アルカディウス・ミリクよりもトロイ・ディーニーに獲得の可能性あり [Sky Sports]

トッテナムがナポリのストライカーであるアルカディウス・ミリクを現在の移籍マーケットで獲得する可能性は低い、とSky Italiaでジャンルカ・ディマルツィオは伝えている。一方でスパーズはワトフォードのキャプテン、トロイ・ディーニーを注視しているようだ。

ミリクは2016年にアヤックスからナポリに加入して以来、122試合に出場して48ゴールを記録しており、現在、スパーズへの移籍が噂されている。

ハリー・ケインはトッテナムの先発メンバーの中で唯一の本職ストライカーであり、ジョゼ・モウリーニョはイングランド代表キャプテンとポジションを争う選手の獲得のために「クラブは非常に努力している」と語っている。

しかし、ナポリは残り1年の契約を残しているポーランド人ストライカーのミリクに3250万ポンドを要求していると見られている。

Sky Sports Newsのレポーターを務めるダルメッシュ・シスは、The Transfer Showで次のように語っている。

「ミリクはここ数年、プレミアリーグの多くのクラブと移籍の話題が取りざたされており、ナポリの無口で内気な元映画プロデューサーのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、ミリクが売出し中であると語っていた。カリドゥ・クリバリも売出し中で、これらの選手は『移籍金が要求を満たせば』放出すると言っている」

「それはトッテナムが懸念している限りでは大きな障害だ。私はSky Italiaのジャンルカ・ディマルツィオに、ミリクとトッテナムの関係について尋ねたところ、トッテナムがミリクへの獲得オファーでナポリの要求する3250万ポンドを提示できる可能性は低いとのことだった。よって、この移籍あり得ないだろう」

「ミリクは契約の最終年を迎えており、トッテナムは1月にプレ契約で合意すれば、そこからさらに3ヶ月待って来年の夏にフリーで彼を手に入れることができる」

「ミリクはプレシーズンのペスカーラ戦でナポリの招集メンバーから外れていたので、今のところは移籍の可能性がある選手であるが、トッテナムがそこまでの移籍金を出し渋るのであれば、行き先は他のイタリアのクラブになるだろう」