/アントニオ・リュディガー:12月のスパーズ戦の出来事は「人種差別の勝利」

アントニオ・リュディガー:12月のスパーズ戦の出来事は「人種差別の勝利」

チェルシーのフランク・ランパード監督は、12月の試合後にリュディガーに対してそうしたのと同じように、シーズン中も選手を継続的にサポートしてきた。

しかし、ランパードは、土曜日の試合中にブーイングが聞こえなかったと明かしている。

「彼とその件について話していないよ。それが私を失望させてはいないし、軽視をすることもない。試合に夢中になっていたんだ」

「フットボールでは、ファンがブーイングをすることで不同意を主張するこのような状況をたくさん見てきた。この件についてはこれからルディと喜んで話し合うつもりだよ」

「私はスパーズ側のことは十分にわかっていない。私が知っているのは、スパーズがあの件について、事件があったかどうかを見つけるためにできる限りのことをしたということだ。それは信頼できるよ」

「時々、ファンが問題を起こすことがあるが、完璧なファンなどいないんだ。我々はそういったあらゆるネガティブな出来事が起こらないように常に努力している。私にとって、(ブーイングは)大きな問題ではなかったよ」