/アントニオ・リュディガー:12月のスパーズ戦の出来事は「人種差別の勝利」

アントニオ・リュディガー:12月のスパーズ戦の出来事は「人種差別の勝利」

「彼らがまだ罰せられないなら、ピッチを立ち去っても意味はないよ。ピッチを離れることが理にかなっているか? 僕はそうは思わないね」

「結果論か? これは結果論ではないよ。結果論ってことなら僕がまたブギーマンになるってことかもしれないからね。選手がピッチを立ち去っても誰も罰せられなければ、それはどんな意味があるんだい?」

「最後に、人々がテキストで書くことによって、僕はまたブギーマンになる。これらの人々に対しても罰を与えなければ、人種差別が勝利するんだ。現状はそうなってるよね」

「彼(マレガ)がピッチを立ち去ろうと思っていたところで、彼のチームメイトが彼を止めようとしたのを見ただろ。あれこそが明らかだったし、誰もがそれを聞いたんだ」

「彼は孤独だった。そして、彼は人種的に虐待を受けたからピッチを出ようとしたのに、警告を受けたんだ。シンプルさ。あのような状況で僕らは孤独なんだ。僕らは僕らのやり方で対処しなければならないんだよ」

「フットボールでそれが起こっているなら、その外側でも起こっているんだ。その外側でこれから僕の息子は成長していく。僕は最善を尽くす。僕は息子が他の人々のように愚か者にならないように最善を尽くすよ。こんな言葉を使って申し訳ないね。他の言葉が見つからないんだ」

今シーズン中にチェルシーの選手がこのような経験したのは初めてではなく、タミー・アブラハムもスーパーカップでPKを外した後、ソーシャルメディア上で人種差別的な虐待を受けていた。